二世帯で住む注文住宅!どんな設備が必要?

2世帯住宅を考えているなら知っておきたい本音

最近になって2世帯住宅の需要が増えてきて、これは経済的なものから、介護や子守りなどさまざまな必要性を感じて望まれるようになってきているのです。ただこの時に注意しなければいけないのは、実の親子でも喧嘩をすることもあって、それが婿や嫁という他人が加わることで、ストレスになる場合もあります。
それゆえ本音としては一緒に暮らしながらも生活の場は別にしたいというもので、キッチンやトイレは必ず各世帯ごとに設置したいものですし、可能なら風呂も同様にすると不満が少なくなります。またバリアフリーを考えた構造にすると、年を取った時に便利ですので、先々のことまで考えて設計するのがよく、互いの意見を聞くことも大切なポイントです。

分けることが重要になります

2世帯住宅を考えるうえで生活の場をそれぞれ持つことが重要で、完全分離にすることが望ましくなっています。家族であっても世帯が違えば他人と同じ、若者世帯はこういった考えを持っていますが、実は一部の老人世帯は一緒に住めばみな同じと考えてしまうことがあって、勝手に出入りしてトラブルとなるケースがあります。
そういったことを避けるために日常で使用する場所、キッチンやトイレ、可能なら風呂場はそれぞれ作った方がよく、玄関もふたつ作って鍵を別にしておくといいでしょう。同じ敷地内に建っている別々の家庭、ある意味ではアパートと同様に考えておく方が互いに気を遣わず暮らすことができるので、分けることに重点を置くのが大切になります。

SE工法は、木造住宅を建てる際、構造計算を行い、接合部を強化した堅牢なラーメン構造を作る工法です。骨組み全体で建物を支えるので、地震などによる倒壊を防ぎます。